糖尿病の治療

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。
糖尿病には「インスリン依存型(1型)糖尿病」と「インスリン非依存型(2型)糖尿病」の2つのタイプがあります。
「インスリン依存型(1型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「インスリン非依存型(2型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。早めの治療・対策が必要です。

運動療法、食事療法、内服薬やインスリンの注射による薬物療法を行っています。定期外来で、糖尿病のコントロールを評価し、患者さんの治療に対する前向きな取り組みを引き出していきます。コントロール不良例に対しては、患者さんとの相談のうえ、近隣の医療機関への教育入院やコンサルトを随時行っていきます。糖尿病の発症や増悪が、膵臓がんの端緒となっていることもみられることから、消化器癌全般の早期発見にも、努力していきます。